川越 和食の旬彩 五屋

和食を食べようと思ったとき、案外と困ることがあります。夕飯の時間に外食しようとしたときはそうではありませんが、飲み屋を回り深夜になったとき、どうしても小腹が空き米が食べたいときがあります。

〆はラーメンという人が大多数ですが、ラーメンはカロリーも高く、さっぱりとしたものが食べたいときもあるのです。食事を主とした和食店は、翌日の仕入れや仕込みなどを考慮し、深夜営業している店は少ないのが現状で、ハシゴ酒の後では開いている店はほとんどありません。

川越 和食の旬彩万五屋は、純然たる和食料理店でありながら、営業時間は翌朝5時までと深夜どころか早朝まで営業しています。その時間まで営業していながら、オーナー自ら市場で魚を仕入れていますので、常に鮮度は保たれています。難しいと思えるこの二つを実現していますので、遅い時間であっても安心して和食を楽しむことができるのです。

旬彩 万五屋
http://shunsai-magoya.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 水谷佑毅氏が代表取締役社長を務める株式会社DYMのWEB事業。トータルプロモーションという形でWEB…
  2. 騙す者騙される者、この両者のせめぎ合いは古代より人間社会にある宿命のような戦いかもしれませんが、理由…
  3. 結婚式当日はゲストの対応やお色直しなど、やるべきことがたくさんあってゆっくりと撮影する時間が取れない…
ページ上部へ戻る