香川県 讃岐うどんの種類

讃岐うどんの定番は、シンプルな「かけうどん」です。ゆでた麺を冷水にさらして引き締めてから、再びお湯につけてダシをかけます。香川県 讃岐うどんのおおまえでは、瀬戸内伊吹産の「いりこ」ダシを使っています。

「しょうゆうどん」はかけうどんと似ていますが、生醤油をかけて食べます。また、「ぶっかけうどん」は、めんつゆより薄めの出し汁をぶっかけたうどんであることから、この名前が付いています。

「釜上げうどん」は、香川県の代表的なうどんの種類で、釜でゆであげた熱々の麺を薬味を入れたつけ汁で食べます。また、「釜たまうどん」は、うどんに卵をからめて食べる、パスタで言えばカルボナーラ風のうどんです。おおまえのメニューには、「カレーうどん」がありませんが、こちらはお土産で販売しているので、ご自宅で簡単に味わうことが出来ます。

讃岐うどん おおまえ
http://udon-oomae.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、多くの企業はサービスを提供しており、サービス就業人口が増加しています。そして顧客にサービスを提…
  2. 1.エネルギーマネジメント人材の確保2.節電・省エネソリューションの普及1.エネルギーマネジメント人…
  3. 水谷佑毅氏が代表取締役社長を務める株式会社DYMのWEB事業。トータルプロモーションという形でWEB…
ページ上部へ戻る