節電に取り組む企業や工場へおすすめのecomo(エコモ)節電~2~

1.エネルギーマネジメント人材の確保
2.節電・省エネソリューションの普及

1.エネルギーマネジメント人材の確保

これから先、節電を含める省エネを推進していくうえで重要になってくるのが、エネルギーの需要と供給に合わせたバランスを取れる柔軟な取り組みです。
そこで、課題に合わせた効率的な解決提案、管理する「エネルギーマネジメント」の存在が、今後は必要になっていくでしょう。すでに大企業では、以前から専門の部署や人材によるエネルギーマネジメントが行われていました。しかし、今までは人材や資金の不足から中小企業はエネルギーマネジメントに取り組むことが難しかったのです。しかし、近年急激に発達したIT技術により、安い値段で高度なシステムを簡単に取り入れることができるようになりました。ハードシステムが一般に広がり、手に入りやすくなっています。一方で、そのシステムをより効率的に使いこなすためには、エネルギーに関する基本的な知識が必要です。エネルギーなどインフラへの深い知識を持つ人材を育成し、確保することが、重要となっていきます。

2.節電・省エネソリューションの普及

人材育成の手段としては、「ビル省エネエキスパート」や「エネルギー診断プロフェッショナル」などの認定資格制度などがあり、これらを利用するのも一つの手です。ただ、「自社で人材を育成するのは難しい!」という場合は、専門的な知見を持つ外部発注を活用し、支援を募るという選択肢もあります。毎日の利用状況やエネルギーデータを正確に把握・分析し、機器の劣化診断やさまざまな設備のエネルギーバランスを総合的に評価し最適な機器運用してくれるエネルギーマネジメントを展開している企業の協力を活用することができれば、より効果的な節電や省エネが実行できます。必ずしも高額な設備や機器への転換といった対策だけでは省エネには不十分です。運用や管理の工夫次第で、エネルギー使用の合理化は可能なのです。診断やソリューションビジネスをうまく利用できれば、様々な業種・業態の事業者の間でさらに節電や省エネ化が進んでいくはずです。そのためにも、信頼のできる外部のソリューション事業者を選択できるような最低限の知識を持つようにしましょう。「節電や省エネには時間もお金もかかる」と最初からあきらめてしまう事業者も多いのですが、このように外部の専門家の知見を利用したり、補助金など国の支援を活用することもできます。節電・省エネに取り組むことはコストの合理化にも繋がるので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

安心安全で安く節電・省エネするならぴったり!
次世代節電ユニットecomoは特におすすめです。ぜひご活用ください!

エコモホームページ
http://ecomo.website/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、多くの企業はサービスを提供しており、サービス就業人口が増加しています。そして顧客にサービスを提…
  2. 1.エネルギーマネジメント人材の確保2.節電・省エネソリューションの普及1.エネルギーマネジメント人…
  3. 水谷佑毅氏が代表取締役社長を務める株式会社DYMのWEB事業。トータルプロモーションという形でWEB…
ページ上部へ戻る