関東別院は近代的な建物

仏教というのは数千年前にインドで誕生してから長い歴史があります。その中で徐々に世界中に広まっていき、日本においても1千年以上もの歴史があります。それぞれの地域において仏教は独自に発展していったのですが、その過程で失われたものがたくさんあると考えているのが阿含宗なのです。阿含宗では仏教の初期に教えられていたものを重視しており、古くの教えがたくさん含まれている阿含経を経典として重視しています。

このような阿含宗は関東地方に複数の寺院を展開しています。その中でも中心となっている寺院が関東別院です。関東別院は仏教の寺院なのですが、見た目は近代的で明るい雰囲気のものとなっています。阿含宗の歴史自体がとても新しいもののため、寺院の建物も新しいものとなっているのです。鉄筋造りであり、ベージュ色をした新しい建物はとても入りやすくなっています。

阿含宗 関東別院
http://kantobetsuin.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、多くの企業はサービスを提供しており、サービス就業人口が増加しています。そして顧客にサービスを提…
  2. 1.エネルギーマネジメント人材の確保2.節電・省エネソリューションの普及1.エネルギーマネジメント人…
  3. 水谷佑毅氏が代表取締役社長を務める株式会社DYMのWEB事業。トータルプロモーションという形でWEB…
ページ上部へ戻る