寺下史郎から学ぶ事

人生は人それぞれですから、他人の成功した方法が必ずしも自分自身も当てはまるとは限りません。むしろ当てはまらない可能性の方が高いですが、それでも他人の成功談を聞く事で自分自身の成功のイメージを持つ事も出来るようになるものです。インターネット上で話題になっている寺下史郎の話もまた、とても面白いもので参考になる事も多いかもしれません。寺下史郎は人気漫画家として多くの連載を抱えているのですが、元々は居酒屋の店長でした。

有名漫画家の下でアシスタントをこなし、その中でも自分の作品を作って出版社に売り込んだとかではないのです。漫画家とは一見まったく関係ないように思える居酒屋の店長がなぜ人気漫画家となる事が出来たのかといえば、twitterがきっかけでした。寺下史郎はtwitterで自作の四コマ漫画を発表していました。

発表というと大げさかもしれませんが、誰もが簡単にアップロードする事が出来るのですから、寺下史郎がここで特別な事をしていた訳ではありません。twitter上で様々な形で自己表現している人など枚挙に暇がありません。つまりはtwitterそのものは既に特別な事でもなんでもないのですが、寺下史郎の描いた四コマ漫画がとある企業の人間の目に留まり、アプローチを受けて連載を持つ事になったのです。

これだけでもかなり驚きかと思いますが、その連載が大ヒットを記録。人気もじわりじわりと高めていき、気付いたらwebや雑誌で連載を持つ「売れっ子漫画家」となっていたのです。運も実力のうちとは言いますが、寺下史郎の場合は実力を備えつつ、タイミングも良かったのでしょう。仮にですが企業の人間がその日休みだったり、twitterではなくブログを探していたりであれば見つかる事はなかったかもしれませんし、仮に見られたとしても企業の人間が「これはいい!」と思うような実力を備えていなければ決して成功する事もなかったでしょう。つまりはいろいろと偶然が重なったからこそなのです。その点ではまさに運が良かっただけではなく、「運も実力」なのでしょう。

この話からも分かるのは、決して何かだけ良ければ良いのではなく、来るべきタイミングに備えて実力を磨く事なのかもしれません。漫画家になりたかった訳ではなくとも、実力があったからこそです。もしも実力がなければそのような事にはなっていなかったのですから、寺下史郎という人間の引きの強さは相当なものです。

【Web漫画家ってなんだろう】
みなさんはWeb漫画を利用したことはありますか。
やはり漫画は紙のほうが良いですか。
スマートフォンやタブレットが普及した今、電子書籍が注目を集めています。

本は本屋さんで購入し、紙を1ページずつめくって読むものでしたが、電子書籍というインターネット上で書籍を購入し、スマートフォンやタブレット、PC等のデバイスにダウンロードをしてそこで読むという方法が人気となりました。Web漫画のメリットはいつでもどこでも気軽に読めるというところです。

例えば、今日発売の漫画がどうしても読みたいけど、本屋に行く時間が無いという場合、インターネット上で購入・ダウンロードが可能なので、時間を問わず、わざわざ本屋さんに足を運ばなくても漫画を読むことができます。

タブレット等のデバイスにダウンロードすれば、冊子を何冊も持ち歩くことなく、たくさんの漫画を好きなときに楽しむことができるのです。本や漫画を集めることを楽しみとしていたり、紙をめくるのが好きな人はまだまだたくさんいるかとは思いますが、便利という点ではWeb漫画がおすすめできます。

寺下史郎は素性を公開しないWeb漫画家です。彼についてわかっているのは、もともと漫画家志望でフリーターをしており、働いていた居酒屋をモデルに人間関係を描いた漫画をTwitterに投稿したところ大ヒットしたということです。「寺下史郎」という名が本名なのかペンネームなのかもわかりません。

そこで寺下史郎という人物について考察するという、ちょっとストーカーみたいなことをしてみようと思います。

まずは年齢。大学卒業後、居酒屋で働いていたということは成人済みなのは確実です。浪人や留年などしていなければ、大学卒業時点で22~23歳。アルバイトから店長になっていますので、居酒屋で少なくとも5年は働いているでしょう。この時点で27~28歳。寺下史郎の漫画がヒットし、居酒屋をやめたのが一昨年あたりだったので、おそらく現在30歳前後ではないかと思います。

性別はどうでしょう?「寺下史郎」という名前からすると男性ですが、女性の名前で活躍する男性作家さんもいますし、その逆も然りです。以前彼がツイートしていた「池袋なう」という写真付きツイート。これに彼の足が写っており、服装からは男性だと思われます。カジュアルなパンツと靴です。ツイートの口調やその他の写真からも男性と考えて間違いないでしょう。

〈今回はわかったこと〉
・年齢は30歳前後
・性別は男性
・服装はカジュアルめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、多くの企業はサービスを提供しており、サービス就業人口が増加しています。そして顧客にサービスを提…
  2. 1.エネルギーマネジメント人材の確保2.節電・省エネソリューションの普及1.エネルギーマネジメント人…
  3. 水谷佑毅氏が代表取締役社長を務める株式会社DYMのWEB事業。トータルプロモーションという形でWEB…
ページ上部へ戻る