萩広史と料理との関係

以前、萩広史は料理教室に通い趣味の料理に磨きをかけていましたがそのレシピが書かれたノートをなくしてしまったという事がありました。そんなことで萩広史は過去に習った料理を思いだしながら、どうしても思い出せないところは自分でアレンジして作っていました。サラリーマンで30代独身男性、料理が趣味の男性でも、料理教室にまで通う人はまだそう多くはありませんが、彼は趣味を自分自身の向上に繋げているそうです。料理が完成して、その出来栄えが上等なものになれば満足げな表情をするし、違うと感じれば納得いかない部分はメモをするような徹底振りです。

また、料理をすることで新しい挑戦をしていくようになります。自分が知らない料理をつくることで、楽しさが倍増するばかりかその分知識も増えていくものです。萩広史はどんな料理でも挑戦してそれを自分のものにしていきます。失敗もありますが、その失敗さえ次のステップに繋げていくのです。これは彼の仕事上にも同じように反映されているはず。仕事と料理の両立がうまくいっているときには萩広史はとても輝いています。料理は趣味ではありますが、不思議なことがあります。どうして手間と時間をかける事が必要な料理よりも、手間なく短時間で作れてしまう料理の方が人気があるのか、ということです。

よく、主婦に得意料理を聞いてみると、煮物系という回答が多いといいます。それも手の込んだものではなく、ササッと出来てしまうような煮物になっています。主婦というのは他の家事もこなさなければならず非常に忙しいものなので、手間をあまりかけたくないといったものが本心なのでしょう。しかし萩広史は手間暇を掛けることに妥協はしないのです。単なる趣味としての料理ですが、下ごしらえに手間を決して省かず淡々と料理をしていきます。こだわりというよりは、几帳面な性格がこうした料理の工程にも表れているのでしょう。忙しい中で作られた料理は、その忙しさの味しかしないものですが、逆に手間暇掛けた料理は確かに美味しいものですし、それだけの愛情がこもっているものになります。

萩広史が料理に関して伝えたいことは、時間がなくても簡単にできるものでも最低限の手間を掛けるべきということです。手間がかかりすぎてしまうのなら、自分でアレンジをして電子レンジをつかって時間短縮を考えるとか、同時にフライパンで料理をしてしまうなど手抜きをしなくても工夫次第で料理はすばらしいものになるということです。彼の時間短縮の技もブログで掲載されているので、こうしたことを参考にしてこれからも彼の料理をお手本に美味しい食卓にしていって欲しいと思います。

萩広史は趣味の料理で向上している

萩広史は料理を作ることが大好きで、趣味が料理の独身の男性です。料理が趣味で、自身が作った料理も味見をしたり味付けを変えたりしていろいろ工夫をしながら作ることが大好き。また、以前萩広史は料理教室に通って料理の勉強をしていましたが、習った料理でアレンジをして自分流に作っている様子。好き嫌いがあまり無いようで、自分流に料理をアレンジしているのです。作った料理は味見をして、この味付けで塩辛すぎないか、甘すぎないか確認して作ります。ご飯に合う味付けになっているかどうかなども萩広史はとてもこだわります。味付けだけこだわっても風味だけこだわってもおいしい料理にならないので、味も風味もしっかりと味見をして確認をする様子。趣味を自分自身の向上につなげているので、楽しいですし苦になりませんよね。 萩広史は趣味が料理ですが、他にも好きなものをコレクションしたりしている様子。萩広史は、趣味の一環として自身のブログに作った料理のレシピなどを掲載しています。これは、ブログを見た人も楽しむことができますし自身でアレンジをして作ることもできるから。また、自身がその作った料理を見て、材料や味付けなど参考にして摂取カロリー量や糖質量などまた料理をつくる時の参考にするためでもある様子。萩広史は、カレーをよく作りますがカレーでも様々な味付け、風味、材料、隠し味とこだわっています。 市販で販売がされているようなカレーの味以外にもこんな味にするとおいしいんじゃないかというアイデアも。市販のカレールーには脂質や小麦粉が多く摂取カロリー量も高いのでヘルシーに食べられて栄養たっぷりのカレーを作っているのです。リーズナブルに作れるので財布にもやさしいですしヘルシーに食べることができます。 萩広史は、試行錯誤をしながら自身が食べておいしいと感じた料理を作ることが大好き。市販のものは添加物も多く摂取カロリー量や糖質量も高いものがあり、ヘルシーに作れて栄養満点のメニューにこだわっています。ただ、市販のカレールーのような味わいでおいしいものを作っているので味も美味ですし何回も食べたいと感じるものです。彼のようにカレーでも試行錯誤をして自身が食べておいしい、これなら何回も食べたくなるというものを作ることで何通りものカレーライスができるようになるのです。同じような材料を使った料理でも、工夫次第で様々な味わいを楽しむことができるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、多くの企業はサービスを提供しており、サービス就業人口が増加しています。そして顧客にサービスを提…
  2. 1.エネルギーマネジメント人材の確保2.節電・省エネソリューションの普及1.エネルギーマネジメント人…
  3. 水谷佑毅氏が代表取締役社長を務める株式会社DYMのWEB事業。トータルプロモーションという形でWEB…
ページ上部へ戻る