水谷佑毅代表の「DYM」WEB事業の強みとは

水谷佑毅氏が代表取締役社長を務める株式会社DYMのWEB事業。トータルプロモーションという形でWEB上の広告効果を最大化するため、

・リスティングコンサルティング
・SEOコンサルティング
・アフィリエイトコンサルティング
・WEBサイト制作
などを中心に全面的なアプローチ手段を用いています。

DYMの言うトータルプロモーションとは集客増加や売上向上を目指すものであり、顧客からのヒアリングをもとにして現状の課題を分析、更に改善点を明らかにすることでWEB上での広告効果をアップさせます。そのためにも必要な手段を考え、予算に合わせた方法選定から集客増加や売上向上を狙います。

リスティング広告は、Yahoo!やGoogleの検索結果ページの上の部分または右側にスポンサーとして表示される広告のことを指します。まさにその情報を知りたがっているユーザーに対し、直接的にアプローチをすることができるのが特徴というわけです。
クリック課金型の費用体系なので高い費用対効果が狙え、大量にユーザーを集められることのできる広告です。水谷佑毅が代表を務めるDYMでは既存データから依頼客サイトのYahoo!とGoogleの相性を測定し、効果の見込める検索エンジンからリスティングを出稿していきます。

また、DYMはWEBサイト制作にも自信があります。DYMの強みは「売上を意識した視覚的訴求」、「豊富なサイト制作の実績」、「SEOに最適化されたサイト制作が可能」の3つ。ビジュアルを優先にするのではなく、エンドユーザーからの問合せが最もスムーズに行うことができ、サイト管理者がストレスフリーで管理できるかを重視したWEBサイトを制作しています。

実績に関しても設立当初から500を越えるサイト制作を行っており、SEOベンダー企業という強みを最大限に生かし最適化されたサイト制作を可能に。通常の制作会社とは違い、サイト運用の利便性・プロモーションに最適化されたサイトにこだわったものです。

水谷佑毅が代表を務めるDYMは認定資格や受賞実績も多く、信頼された会社であることがわかります。具体的には、約7,000社ものGoogleパートナーの中から8社のみにしか贈られることのない「Google Excellent Performer Award Gold Award」を受賞したり、800社の正規代理店の中から上位13社に贈られる「Yahoo!正規代理店 ★★★(星3つ)」を獲得したり等。

さらに、依頼客からの信頼も厚く実績も積んでおりYahoo!の代理店中、運用高伸長、純増額で国内上位3社以内の評価をされ、運用金額は前年比150%アップの成長を遂げています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 水谷佑毅氏が代表取締役社長を務める株式会社DYMのWEB事業。トータルプロモーションという形でWEB…
  2. 騙す者騙される者、この両者のせめぎ合いは古代より人間社会にある宿命のような戦いかもしれませんが、理由…
  3. 結婚式当日はゲストの対応やお色直しなど、やるべきことがたくさんあってゆっくりと撮影する時間が取れない…
ページ上部へ戻る