川中商事が取り組む地球環境問題対策

100年後の未来を考えたとき、どうしても避けることができないのは、エネルギー問題と地球温暖化問題です。今後、よりこういった問題がシビアになっていくことが予想される中、それをなんとかしようと取り組んでいる企業は多数あります。川中商事もそんな企業のひとつです。ここでは、その川中商事について説明します。

■深刻化する各問題について
上記の通り、エネルギー問題は今後の地球環境における重大項目です。化石エネルギーはあと数十年ほどで枯渇すると言われており、われわれ人類は少しでもエネルギーの消費量を減らす取り組みをしていかなくてはなりません。また、地球温暖化も深刻な問題のひとつです。これは、地球の平均気温が上昇することによって、海水面が上昇し、陸の面積が少なくなってしまうというものです。これには人間が排出するCO2が関係していると言われており、こちらの削減が急務とされています。では、これらの諸問題に対して川中商事が取り組んでいる事業を紹介します。

■川中商事の照明事業って?
川中商事の中心的事業である照明事業で用いられているのは、LED照明です。LEDは通常の照明に比べて電気代が安くなるというのを聞いたことがある方も多いでしょう。それは、全くその通りです。さらに、電気代が安くなるということは、消費電力が少ないということです。つまり、エネルギーの消費量を減らすことができるのです。このLED照明の提案が、川中商事の地球環境に貢献する事業のひとつです。もちろん、お客様を満足させる確かな品質も確保されています。

■川中商事のゴミ処理プラント事業って?
もうひとつは、グループ会社株式会社カワナカのシステムを利用したゴミ処理プラント事業です。これは、主に食品会社から出たゴミに処理を施し、燃料や肥料として生まれ変わらせるという事業です。燃料の枯渇が騒がれる昨今では、資源の積極的なリサイクルが重要になります。川中商事はその役割を担っているのです。処理の過程で排出されるCO2も、最低限に抑えることができる技術力がありますから、地球温暖化改善の視点から見ても、非常に有益な事業であるということができるのではないでしょうか。

川中商事がどのような取り組みを通して地球環境に接しているのか、ご理解いただけたでしょうか。このような企業が増えていくことが、環境問題改善の大きなカギとなります。今後も、世の企業に求められる役割は増えていくはずですが、川中商事ならばそれをクリアし続けていくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 水谷佑毅氏が代表取締役社長を務める株式会社DYMのWEB事業。トータルプロモーションという形でWEB…
  2. 騙す者騙される者、この両者のせめぎ合いは古代より人間社会にある宿命のような戦いかもしれませんが、理由…
  3. 結婚式当日はゲストの対応やお色直しなど、やるべきことがたくさんあってゆっくりと撮影する時間が取れない…
ページ上部へ戻る