エス&ケイ(株)が通信ソリューション活用で悪質商法の被害を早期解決

騙す者騙される者、この両者のせめぎ合いは古代より人間社会にある宿命のような戦いかもしれませんが、理由もなく権利を侵されることに対しては、現代は個人の人権概念のもと、相手に対して損害賠償などの法的措置をとることができます。このような個人、団体、法人を問わず権利が侵害される状況に対して、勇気を持って訴える、あるいは相手に損害賠償請求を行う際に、被害者に対してサポートをしてくれる団体や法人があります。買い物、各種契約など相談したい内容によっては、業界団体が信頼を担保するために相談窓口を設けていることもありますが、公的な機関として国民生活センター、あるいは身近な消費生活センターなどに相談するのもいいかもしれません。悪質と言われている商法についてはあらかじめ業者名が公表されている場合がありますので、少しでも不安なことがあれば契約や購入する前にチェックすることもできます。

エス&ケイ(株)では、思わず申し込んでしまった、契約はしてしまったが解約したい、などの相談に親身になって対応してくれます。相談は無料ですので、不安な場合は一人で悩まずにできるだけ早く然るべき機関、団体に相談し、早期解決を目指すことが大切です。エス&ケイ(株)では、相手業者との交渉も含めて法律家が親身になって具体的な手続きなどをサポートしてくれるので安心です。詐欺被害などについては単に手続き代行だけではなく、相手業者との交渉や法的なポイントなど専門的なサポートが受けられ、また内容証明など書面作成や郵便局での手続きなども代行してくれます。悪質商法で問題になることが多い契約に関するトラブルですが、訪問販売については特定商取引法によって、クーリングオフが適用されます。例えば、リフォーム業者から工事を勧められた場合など、費用や工事箇所、あるいは契約内容などに何か不安があった場合、エス&ケイ(株)ではクーリングオフの手続きなど、契約解除のための相談を受け付けています。また、リフォーム業者の悪質な手口や、様々なトラブル例などは、住宅リフォームの紛争処理支援センターなどのホームページでアップされているようです。

お年寄りなどは、悪質商法の被害を受けやすいと言われていますが、大学生など若い人も出会い系サイトや、ネット販売などウェブ上での様々な取引や契約に関するトラブルを抱える場合があるようです。共同組合や連合会などが悪質商法としてどのようなものがあるか紹介していますので、参考にしてみるとよいでしょう。エス&ケイ(株)は、このような詐欺や契約トラブルなどの問題について依頼者の悩みに耳を傾け、専門的な知識と行動力で問題解決を目指している会社です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 水谷佑毅氏が代表取締役社長を務める株式会社DYMのWEB事業。トータルプロモーションという形でWEB…
  2. 騙す者騙される者、この両者のせめぎ合いは古代より人間社会にある宿命のような戦いかもしれませんが、理由…
  3. 結婚式当日はゲストの対応やお色直しなど、やるべきことがたくさんあってゆっくりと撮影する時間が取れない…
ページ上部へ戻る